秋分の日の意味は簡単に教えちゃいます!おはぎとぼたもちの違いなどもね

秋の季節

こんにちは。akkiiiyです。

虫の音心地いい季節になりました。秋分の日です。

みなさん!いかがお過ごしでしょう?

ところで、秋分の日とは?毎年同じ日なの?何をするの?

色々と日本の本来の風習や文化がどんな由来であったのか知りたい!

今更聞けない!事を分かりやすく説明してみます。

「おはぎ」と「牡丹餅」の違いなども!

おはぎを自分でも作れるやり方も英語と日本語で説明していますのでご覧ください。

お天気が悪い日には家で手作りおはぎでも作って秋分の日を過ごせたらと思います。

 

秋分の日って何?意味と2019の秋分について分かりやすく伝えます

 

「秋分の日」とは?

先ず、日本では平安時代から使われている暦(こよみ)として一年間を24つに分けた二十四節気があります。

  • 農業の目安として作られた暦です。
  • 二十四節気その中に「秋分の日」が含まれているのです。
  • 節気の間隔は15日となっいます。

 

毎年、うるう年などにより日にちが少しズレるのですが2019年はこのように表します。

 

2019年の秋分の日は・・・

9月23日(火)中日とも言います。

土曜日もお休みの方は、3連休になりますよね。

 

秋分の日とお彼岸との関係とは?

秋のお彼岸のころ、土手などに花火みたいに赤い「彼岸花(ひがんばな)」を上の写真の花がそうですが見たことはないですか?

曼殊沙華(まんじゅしゃげ・まんじゅしゃか)」という呼ばれ方もしますね。

 

【曼殊沙華は仏教由来の名前】

この花の毒々しい美しさは「彼岸花」という平凡な名前より曼殊沙華方が似合っている気がします。

美しさと不気味さを兼ね備える曼殊沙華は
実は毒草で、これを口にすると場合によっては命に係わることもあるとか。

よく道端に咲いているのは、

  • 作物の害になる虫やモグラよけに
  • 獣などからお墓を守るために昔の人が植えた

昔は、土葬だったからと言われています。

これも生活の知恵ですよね!

 

 

秋の彼岸とありますが秋分の日と彼岸について

秋分の日と彼岸について・・・

ちなみに、彼岸の入りは  9月20日(金)
そして、彼岸の明けは   9月26日(木)
その間の日(中日)を9月23日(火)秋分の日としております。

その秋分の日は「皇」のことより「民」にも伝わる風習の1つとして大切な日であります。

 

民主化(GHQ)により、戦後辺りから国家神道を解体してそれらにまつわる祭日も廃止となります。

秋分の日と春分の日はそれぞれとして今に残っているのが由来となります。

 

秋季皇霊祭春季皇霊祭というのは

お彼岸の中日に行われる皇室の祖霊を祀る儀式です。

 

これは私たちが今秋分の日の前後の秋のお彼岸にお墓参りに行くのと同じルーツを持っています。

 

ここからは秋分の日に行うこととその由来についてご紹介いたします。

秋分の日前後でお墓参り等先祖供養を伝統的。

ご先祖や亡くなられたかたのご供養はその方達を敬い繋がれている事への感謝などいだきたいものですね。

その時にも、大切なものがございますのでこちらをご覧ください。

 

秋分の日前後のお彼岸にお墓参りやお仏壇の掃除・お供えなどを行います。

特にお彼岸だから特別に行わなければならないわけではないですが

秋分の日と秋の彼岸とおはぎについて

 

お供え物では秋彼岸には「おはぎ」をお供えするのが一般的です。

ちなみに、春彼岸には「牡丹餅」なのです。

言い方、呼ぶ方がが違うだけです。

物は一緒なのです。

花に見立てた比喩表現、日本ならではの言葉遊びなのでしょう。

言葉による音を楽しむことが出来る素敵な国だと思います。

言霊はそこからも来ています。

 

 ーーー 秋はお萩 ・ 春は牡丹餅----

英語でも説明しているので日本の方以外でもわかるのでは。

このおばあちゃんもチャーミングでお2人の会話が微笑ましくて好きな動画です!

おすすめですので見てみてね♪

 

秋分の日とは?2019はいつ頃なのか何をするものなの知って便利なことまとめ

秋分って、昔は暦として農民に定着していたものだったのですね。

先人の知恵を生かして今に進化させて営んでいる私たちは

先人の苦労や行いを敬い今に生かされている日々を大切に

受け継いでいきたいものですよね。

難しいことは抜きにして楽しく暮らしの中に取り入れられたら四季折々の風習も素敵な

ものですよね。

 

 

********************

最後まで読んでいただきありがとうございました。

akkiiiyより

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました