日本オープン・パーク選手権出身村上市瀬波温泉の平野歩夢選手が活躍

平野歩夢

こんにちは。akkiiiyです。

平野歩夢(20)五輪スノーボード男子で2大会連続銀メダリスト=木下グループ=が16日、スケートボード日本オープン・パーク選手権(藤沢市鵠沼海浜公園)に出場。

8人で争う決勝では66・8点をマークして3位タイに入った。

優勝は昨夏のアジア大会金メダルの笹岡建介(PROSHOP BELLS)が72・4点、

2位に永原悠路(ゆうろ、H―street skateboard)が66・9点。

池田大亮(ムラサキスポーツ)が66・8点で3位タイ。

平野歩夢選手スケボーで初参戦予選3位で通過!

 

View this post on Instagram

 

20 year old 沢山のメッセージありがとうございます🌎 全ての人に感謝です🙏 どこまで行くのか、 どこまで行けるのか、 どこまで続くのか、 そうやって自分に悩みを与えてくれる日々日常の有り難み、見

える事より見えない事、 だからこそ見えない自分に向き合う、そこに刺激受けて、地道な努力で、時代は必ず変わる、これまでこれだけをベースにしてきたから、そこから一歩ずつ自分にしかない足場を踏んで行く歳になりそうです❗️🔥🎂 生まれてこれて幸せです!

AYUMU HIRANOさん(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿 –

 

平野は練習からファンの大きな注目を浴び予選を64・3点で3位通過。

40秒を3本滑り、ベストスコアで争う決勝では、1回目は転倒があって42・2点にとどまったが、2本目にほぼノーミスの演技を見せ会場をどよめかせる。

ここでも活躍を果たしていますのでこちらでもご覧ください。

平野歩夢選手が東京五輪の出場権を得るためには...

10月以降の世界選手権で上位3人に入るか、国際大会でポイントを稼ぐ必要がある。

今大会と5月に日本選手権(新潟)の2試合の国内ポイントの上位3人が国際大会に派遣されるため、今大会3位の平野も十分に可能性がある。

平野は「楽しめた。みんな上手なんで、なかなかそんなに簡単にはいかない。これが五輪に近づくきっかけになればいい。

すべてが自分にとってのチャレンジ」との意気込みが素晴らしい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇧🇷大会 ・ 終わりましたね🛹‼️ ・ ・ スマホにかじりつきすぎて ・ 旦那には中毒と😅 ・ ・ とはいえまだ整理しきれてない😅 ・ 歩夢くん… 大会ごとに進化してる😳👏 ・ ・ 🛹のスキルはもちろんのこと ・ ・ 苦悩、不安、緊張…そんな感情をも乗り越え発揮できるあのメンタル… ・ ・ どこまでもかっこいい😳🖤 ・ ・ runでない歩夢くんの いろんな表情… ・ 繋げてみた🙏 ・ ・ run1滑り終え、コケてヒヤヒヤしたけど笑顔 ・ 得点出るまでの表情他 ・ ・ ラヴソウルと合ってない気もするけど…😅🙇 ・ ・ #平野歩夢 #ayumuhirano #自己満🙏

YUKIKI*さん(@ayumu_mu0415)がシェアした投稿 –

平野歩選手は新潟県村上市の出身。
日本海からの夕日が映える瀬波温泉で素敵なところです。

akkiiiyと同じ村上市です。
応援しておりまーす!

 

 

いつも感謝してまーす。

akkiiiyより

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました