大社カリンの兄弟活躍中!起業家の兄は注目されるそのわけは?

起業家

 

今や、時の人として羽ばたき始める大社カリンさんです。

なんだか、ひょんなことからカリンさんの存在を知られることになりましね。

間宮祥太朗さんと大社カリンさんの熱愛発覚と囁かれていますが本当なのでしょうか?

そんなことと偶然にもカリンさんのお兄さんのご結婚も重なっています。

この二つの話題に何やらつながるものがあるのですがそれを紐解いていくことにしましょう。

お母さまにもご紹介されるほどの関係ぶりと言うことはお二人はどのようなお付き合いを??

興味深々ですよね!

そんなお二人の出会いは?  等々

 

起業家としてのお兄さんの会社など注目でございます。

 

大社カリンはモデル?ミュージシャン?それとも

 

本名:大社果林

職業:モデル ・ペンティングアーティスト

生年月日:1993.6.24   25さい

出身:広島県出身

出身校:女子美術大学

女子美術大学相模原キャンパス

アートプロデュース表現領域

 

大社カリンさんの主な活動

  • 17kg(イチナナキログラム)
  • zozotown
  • 雑誌NYLON

 

 

 

View this post on Instagram

 

個展を開催します。 年の瀬の慌ただしい時期ですが、今年最後にお世話になった皆様にお会い出来る機会になればと思います。お待ちしています! 大社カリン 絵画個展「given」 会期:2018年12月27日〜28日 時間:27日12:00〜23:00 28日12:00〜21:00 入場:無料 場所:joint 2nd m 住所:東京都渋谷区神宮前3-25-18 the share104 毎日の中で色濃く残るモノとコト、を着想源にペン画やアクリル絵具を中心に今までに書き溜めた30点以上の作品を展示いたします。 全ての作品は購入可能で、会期中に限り絵画のオーダー受注も予定しています。 #jointsecond #harajuku #jointharajuku #joint

大社カリンさん(@in_karin)がシェアした投稿 –

 

 

間宮祥太朗と大社カリンは兄の結婚披露宴に出席する?

引用元:大社武の画像クリック

 

大社カリンさんの実のお兄さんが2019年4月3日に入籍されたようです。

心よりお喜び申し上げます。

 

お兄さんも今が人生で最高にお幸せの事と思われます。素晴らしいことです。

 

先ほども申しました通り若手俳優の間宮祥太朗さん大社カリンさんの熱愛発覚はカリンさん

ご自身の起業家でもあるお兄様の結婚披露宴にご一緒に出席されていたことから注目度アップになりました!

 

この時、お母さまにも間宮祥太朗さんの事を紹介して仲睦まじく過ごされていました。

家族も公認の間柄のようです。

お兄さんの幸せを肖りいらっしていたのでしょうか?

お二人でお兄様を祝福されていました。

 

そんな間宮祥太朗さん、大社カリンさんの出会いは2年半前頃合コンを行いその時に出会ったそうです。

間宮祥太朗と大社カリン熱愛で起業家のお兄さん注目の職業は?

そんなお兄さんの企業などについてすごく勉強になりましたのでこちらでもご紹介させていただきます。

これからの時代を担う人です。応援させていただきます。

お兄さんのお名前

大社武(おおこそたける)

株式会社TORIHADA 代表取締役社長

1987.12.19  32さい

株式会社TORIHADAとはどんな企業か?

 

「トリハダが立つような感動体験をつくる」というビジョンのもと、メガベンチャーと大手広告代理店出身のメンバーによって2017年10月に創業されたTORIHADA。

創業して間もないなか、すでに多くの企業から引き合いがあり、月商3000万円を売り上げているという。

動画マーケティング事業をメインとしつつ「僕らの目的はあくまで“トリハダ”をつくること」といいきる代表の大社氏に、会社の強みや今後のビジョンはどういったものなのか?

 

株式会社TORIHADAの事業内容とは?

動画マーケティング事業を主軸に、展開しています。

時代のトレンドとして、テレビをみない世代、いわゆる10代から20代なかごろまでのミレニアル世代に対し、動画マーケティングはエンゲージメント(※)の高いコミュニケーションが期待できると伸びている領域。

動画と親和性の高いSNSの台頭もあり、いっそう広告効果の最大化が狙えるのです。

その領域でも直近では、ブランディングに特化した事業を展開していますね。

業務全体としては、たんに動画を制作するのではなく、企画からエンドユーザーまでのコミュニケーションをどう設計するかまでをプランニングしたうえで動画を提案。いわゆる総合広告代理店ですね。

だから、コンペで戦うのはみんなが知っている超有名な大手企業ばかり。そんなところとバッチバチやっています(笑)。

※エンゲージメント: 企業や商品、ブランドなどに対してユーザーが高い価値を感じている状態をさす。

TORIHADAは創業間もないベンチャーが月商3000万円を得ているか?

まず前提として、市場がまだ新しいということ。

単純にテレビCMの15秒と動画広告の15秒では、やはりみせ方も異なります。

じゃあ、動画ってなにが正解かというと、どこもかしこもいろいろチャレンジしている領域で。

だからこそ、ベンチャーにもチャンスがある。

そうした状況のなか、当社が掲げる「トリハダが立つような感動体験をつくる」というビジョンが、クライアントから共感をえているのだと思っています。

やはり、トリハダが立つくらい感動するということ自体、とても尊い体験だと思っていて。

そのビジョンに共感したメンバーが集まり、社内でも「よしっ、トリハダつくるぞ!」というコミュニケーションがなされているくらい熱く徹底。

そうしたワクワク感や想いがクライアントに伝わり「TORIHADAさんらしい提案をしてほしい」という期待につながっているのだと思います。

実際にリピート率は約9割。ナショナルクライアントを含め、IT、人材、医療など幅広くおつきあいしています。

そうした認知度が徐々に広まり、「ブランディング動画に強いTORIHADAさんと聞きましたけど」などのうれしいお問い合わせが増えています。

 

株式会社TORIHADAのビジョンの由来

話は16歳までさかのぼるんですが、とあるフェスで「アート×環境」にかんするボランティア活動に僕が参加したんです。

そのとき、音楽や人、自然、空間、そのすべてに心から感動する瞬間があり、涙があふれ、トリハダが立ったんです。

と、同時に「こんなすごい感動体験を、人はつくることができるんだ」ということに気づいた。

そのときに、「人が感動し、その感動がさらに多くの人にシンクロしていく大きなムーブメントのようなものを生み出したい」と考えたんです。

やがて大学生になり、19歳のころから「俺は株式会社TORIHADAをつくる」と周囲にいうように。

新卒でサイバーエージェントに入社したのは、いうなれば経営者になるための修行をしたかったから。

そして、30歳になるのを機に独立を決心。ビジョンに共感してくれた、大学の同級生と会社の後輩3名で創業したのです。

 

株式会社TORIHADAの経営で大事にしていること

「ロマンとそろばん」です。

僕らの圧倒的なビジョンを社会で実現するにはそろばん、つまりしっかりとした経営基盤や事業計画が必要なのです。

「トリハダをつくるぜ」と息巻くだけではただのドリーマー。

なにも成し遂げられない中途半端な集団になってしまいます。

だからこそ、僕らはロマンチストであるとともに、ビジネス集団であることをつねに重視しています。

 

 

株式会社TORIHADAの今後のビジョン

3年以内に売上10億円…とは考えているんですが、じつはそれではまったく満たされなくて。

前職では子会社ながら、年商50億円の会社を経営してましたから。

そろばん力が強く早くなるぶんロマンが増えると思っているので、そうした意味で成長を急ぎたいですね。

また、僕らはビジョンのほか、トリハダが世界をよくするという意味で「TORIHADAMAKES THE WORLD BETTER」を掲げています。感動体験は国や言語のボーダーを超えます。

だからこそ、日本発の“トリハダ”を世界に広めていきたいですし、僕らの価値観に共感する仲間を募集しています。

 

間宮祥太朗と大社カリン熱愛発覚?起業家の兄貴に注目するわけとはまとめ

スゴイ!!

かっこいいですね!大社武さんの意気込み。

こうして、未来を作り上げていくのですね。

TORIHADA=鳥肌トリハダは臆病の意味合いが有りますが、決してそうではないことのようですね。

すごい!ややったぁー!などワクワクして居ても立っても居られないほど楽しい事。

なんですね!

私も真似てみたい生き方です。

 

 

****************

 

いつも感謝しています。

 

akkiiiyより

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました