秋野洋子62歳終活宣言の生き方

タレント

シングルライフが話題の女優、秋野暢子さん(62)は延命措置をせず、自然死を選択する意思を公表したばかりですね。

秋野暢子さんは、2001年に民放プロデューサーだった夫と離婚。

 

シングルライフ自立できる逞しさ

 

シングルマザーとなり、長女(25)を育て上げると言う私と似ているので気にかかりました。

まあ~私は、夫とは死別ではありますが…。

この世に命があるならばどういう理由であれお互いに何かしらで繋がる【心のおきば】があることに感謝できていいなあと思います。

 

2014年に、5歳年下の実業家の男性と事実婚同然の暮らしをしていたこともあり破局したとも告白。

恋路からの卒業宣言には「どちらもちょっと早いんじゃないか」との声もあると思います。

延命拒否に断捨離などの終活の上、これらは人生から降りたからではなく、前向きに生きるためなのだそうだ。

治る見込みのない病気などになったとき、還暦を機に「日本尊厳死協会」に入会しました。

尊厳死協会への入会は、娘さんに迷惑をかけたくないという母心から。

シングルであるということも、この決断につながったと明かされています。

現在の生きがいとして、秋野洋子さんが取り組んでいるのは、被災地の復興支援やボランティア活動ということです。

「私はこれまでの人生、人さまにたくさんお世話になったので、少しでも社会に還元したい」との思いからだという。

そのためにも、毎朝のジョギングを日課にしたり、特技の水泳などで、アクティブに過ごされている。

仕事が中心だった時代からのシフトチェンジがとてもお上手に見えます。

約170センチの長身は背筋がシャンとして、すてきなんです。

 

☆日本尊厳死協会の目的
1976年1月に産婦人科医で、国会議員でもあった故太田典礼氏を中心に医師や法律家、学者、政治家などが
集まって設立されました。
自分の病気が治る見込みがなく死期が迫ってきたときに、延命治療を断るという死のありかたを選ぶ権利を持ち、
それを社会に認めてもらうことが目的です。
設立から40年近くが経ち、終末期に対する社会の認識も変わりつつあり、延命治療を望まない人が多数になっています。
今後の目的は、そういった人たちにリビング・ウイルの提示という方法をお伝えすることにあります。



☆リビング・ウイルとは
日本尊厳死協会は、治る見込みのない病態に陥り、死期が迫ったときに延命治療を断る
「リビング・ウイル」(終末期医療における事前指示書)を登録管理しております。
各人が署名したリビング・ウイルを医師に提示すれば、多くの場合、延命治療を施されないことになります。
人工呼吸器や胃ろうなどによって「生かされる」のではなく、安らかで自然な死を迎えるために、
元気なうちに作成する人が多いですが、病を患って自然な死を望む人が署名するケースも増えています。
その主な内容は

○ 不治かつ末期になった場合、無意味な延命措置を拒否する

○ 苦痛を和らげる措置は最大限に実施してほしい

○ 回復不能な遷延性意識障害(持続的植物状態)に陥った場合は生命維持措置をとりやめてほしい

というものです。
延命治療を中止するだけでなく、痛みや苦痛などを取り除いて安らかな最後を迎えたいと願っている人が少なくありません。
緩和医療に全力を尽くしてもらいつつ、そのような医療態勢の整備にも力を入れてもらえるよう、
私たちは国にも働きかけていきます。

日本尊厳死協会webより引用

 

秋野洋子さんの他の方も

終活はブームのようになっていますが、どちらかというと女性の方が積極的らしい。

芸能人でも

財前直見(53)

山本陽子(76)

のように東京を離れてのシングルライフを明らかにしている者もいる。子どもがいれば、頼りにしたい。育ててやったのだから当然と思いがちだが、秋野洋子さん達が実践しているのは、最期まで自立した生き方。立つ鳥跡を濁さずが、中高年の目指すべき現代のスタイルなのだろう

まとめ

さらに大相撲初場所の千秋楽を同年代とおぼしき男性とデート観戦していたと「女性自身」に報じられたが

もう男の人(再婚は)、もうないかな。と思っているくらい強い女性です。

明るく元気に残りの人生を楽しめればいい。いわば、究極の過ごし方を生きようとしていますね。

男女の関係ではないということですけど、いい雰囲気のお二人に秋野さんは魅力的に思いました。

『まだまだ人生を楽しみたい』それでいいんでしょね。

 

 

_*_*_*_*_*_*_*_*_*

いつも感謝いたします。
akkiiiyより

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました