清正井を触る事ができる?待ち受けする時の作法やルールとご利益とは?

神社仏閣

2009年末のマスメディアの報道で一気にブレイクした清正井(きよまさのいど

 

この清正井は触る事ができるのか?そして、飲むことはどうなのでしょう?

 

芸人でも島田秀平さんや今田耕司さんが清正井はご利益があると拡散したことで、更に火がつきました。

 

当時は開運スポットとして多くの人が訪れていたようですね。

 

 

そんなブームも去り、2020年の現在、清正井はどのような状況になっているのでしょうか。

 

調べてみると、少々、2010年頃とは勝手が違うようです。

 

 

 

清正井を触る事や飲んでみたい!きちんと作法を覚えよう!

昔と違い、今は清正井の水に触れることは禁止されています。

飲むこともダメで唯一許されているのは写真を撮ることだけ。

 

一世を風靡していた頃よりも、水が澄み美しさを讃えているように感じますね。

 

清正井は明治神宮にありますから外国人観光客も多く、彼らが水に接触しないように警備の人が監視しています。

 

目の前で観察してみると分かりますが、本当に触れたくなるような清らかさ。

 

それくらい不思議な魅力を感じさせる場所です。

 

 

厳密にいえば、清正井をパワースポットとしてとらえるなら、やはり勝手に人間が自分の我欲目的で触れてはいけないはず。

 

場所によっては、触れることで共鳴するという現象もありますが、これも霊的な力が開花していない人には感覚としては体感できません。

 

基本的に神域に肉体を持った人間が儀式を行うことなく踏み入ることは、あまり好ましいこととはいえないのです。

清正井の待ち受け作法とは注意点やルールなどはあるの?

最近はパワースポットを待ち受け画像に使用する人が増えているようですね。

ご利益があると信じられているからですが、そんな理由から清正井を待ち受けにする人もいます。

 

あの歩くパワースポットとしての代名詞である湘南乃風のショックアイさんも清正井に訪れていましてSNSにアップされています。

 

随分、反響がスゴイそうです!!

 

しかし、待ち受けにした人の感想を読むと、効果があった人とない人、悪いことが起きたという人に分かれているようです。

 

実は、これには原因があることが分かりました。

  • 訪れる前に明治神宮にお参りをする
  • 拝観料はちゃんと払う
  • 午前中に足を運ぶ

上記の心がけが大切だとか。

 

特に明治神宮に参拝する前には、鳥居をくぐるところから正しい作法で入ることが重要。

 

ご存知かもしれませんが、鳥居の真ん中は神様の通り道ですから通ってはいけません。

 

お参りする前には手と口をゆすぐことも必須。

 

身体を清めることで願いも叶いやすくなるのでしょう。

 

 

清正井は歴史にも登場する加藤清正が掘ったと言われている井戸です。

 

加藤清正はとても義理人情に厚い人だったようですね。

 

そういう意味では、お願いには応えてくれる可能性が高いといえますが、そのためにはそれ相応の作法も求められるのではないでしょうか。

 

清正井は超パワースポットで若い女性やカップルに人気

清正井のある明治神宮は縁結びや恋愛運を上げるパワースポットとして人気があります。

 

恋愛、結婚といえば、やはり若い女性の存在は欠かせません。

 

 

清正井の他にも亀石、夫婦楠などのパワースポットが多くの参拝者を魅了していますが、マスメディアで取り上げられた清正井は若い人達に支持されているのです。

 

 

最近は全盛期のように6時間並ぶようなことはなくなっていますが、それでも土日祝は賑わいをみせています。

 

 

写真を撮る人がいても、ずっと待たされることは少なくなっているようです。

 

若い人達が訪れる目的は、やはり待ち受け画像の撮影がメインでしょう。

 

少しでも開運したいという意識が社会情勢を物語っているようにも感じます。

 

清正井パワーによるご利益とは?

清正井パワーですが、多くの人の煩悩により気が淀み効果がなくなったと言われていたことがあります。

 

清正井のある場所は風水的にいうと龍脈のあるところに重なっていることから、ご利益があるというのが本当の理由です。

 

 

あなたは知っていますか?

 

神様にお願いするのは本当に困ったときだけにすることを。

 

普通の人は毎回悩みや願いごとがあるときのみお参りするのではないでしょうか。

 

毎年の行事である初詣がいい例ですね。

 

 

世の成功者や運の良い人は、普段はお礼しか言いません。

 

自分のお願いはしないのです。

 

 

それは清正井パワーにも通じるところがあるでしょう。

 

普段から感謝の心と謙虚さを忘れなければ、あなたも清正井パワーの恩恵を受けられます。

 

 

 

作法を知ったら清正井へご利益を受けに行ってみよう!

こちらでは、清正井への行き方を紹介しています。

 

所在地:〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1−1

拝観料:500円かかります。

営業時間季節により若干変化します9時から16時の時間帯ならオールシーズン開園

 

清正井は明治神宮の奥にありますので初めての人には分かりづらいかもしれません。

 

 

明治神宮の鳥居を抜けて続いている道をずっと進んでいき分岐点を左に行くと、明治神宮の大鳥居に出ます。

 

 

大鳥居をくぐりそのまま歩いていくと左手に清正井の入口が見えてくるでしょう。

 

 

白い看板が目印になります。

 

 

ちなみに入り口はここだけ。

 

 

営業時間は季節により若干変化しますが

年中無休ですが、年末年始や菖蒲の咲く6月などは賑わいます。

 

 

井戸の前には2人程度のスペースしかありません。

 

そのため、見学客が多いと拝観するまで時間がかかることになります。

 

清正井を触る事ができる?待ち受けする時の作法やルールとご利益とは?まとめ

今は清正井に触れることはできなくなっていますが、写真を撮ることはできます。

 

ご利益を期待するのであれば午前中の拝観がおすすめです。

 

 

最近は大分人も少なくなっているようなので、平日に足を運べばすんなり清正井までたどり着けるのではないでしょうか。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました