中秋の名月2019年9月13日金曜日はどうやって決めるの?

秋の季節

こんにちは。akkiiiyです。

令和の年の中秋の名月は、2019年9月13日(金)ですよ!

満月は、この日ではなく次の日の9月14日(土)になります。

でも、どうしてかなぁ~?って不思議ではないですか?

どうせだったら”真ん丸おっ月さん”の綺麗な月の日にすれば良いのに!!って思いませんか?

では、みなさん!どういうことなのか見て行きましょう!!

中秋の名月の不思議を解き明かしてみましょう~~~♪

中秋の名月2019年の日付はどうやって決めているのでしょう?

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2019/09-topics02.html

東京の夜空ちょうど21:00頃北側を背にして見上げると南東の方角にお月さんが見える予定です。

どうして疑問かってぇ~。

てっきり満月が中秋の名月だと思い込んでいたようだからです!!

あらまぁ~。。

もしかして、満月の時が中秋の名月だと思いましたぁ~?

“(-“”-)”・・・。     それは・・・。

akkiiiy

 

そんなことを思っていたのは私です。(-_-;)

では、本題に・・・!!

どうして、中秋の名月は9月13日(金)に決まっいるのでしょう!!

akkiiiy

 

十五夜お月さん~~~♪

っていう歌もあることだしねぇ~。

だから15日でもいいよね。

あららっそう思うと益々不思議ですよね。

【太陰太陽暦】(たいいんたいようれき)

太陽の動き、すなわち季節にも合わせて作った暦。
太陰暦の12か月は1太陽年より約11日少ないので
19年に7回の閏月(うるうづき)を置くなどして調節する。今は旧暦に属する。

 

太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、その月の朔日(ついたち)になります。

 

太陰太陽暦の8月1日が今年はカレンダーでは8月30日(新月の瞬間は19時37分)となります。

太陰太陽暦の8月15日が今年はカレンダーでは9月13日中秋の名月になります。

 

一方、天文学的な意味での満月(望)は、

地球から見て太陽反対方向になった瞬間の月のことを指します。

今回の満月は9月14日13時33分にとなります。

 

今年のように、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります。

令和元年の名月は2日連日お楽しみになれますね。

13日の中秋の名月と
14日の満月とね。

akkiiiy

 

 

 

ふぅ~ん。

なんだか、秋の夜長に虫の声を聴きながら月見も素敵ねぇ~。

それから、少しばかり余談ですが十五夜、十三夜、十日夜の3月見があるのですよ!

十五夜は中秋の名月のことで9月13日(金でしょ。

十三夜は二十四節気の寒露の日です10月11日(金)なのです。

(二十四節気、このお話を詳しく知りたい方はどうぞ。

十日夜(とおかや)は収穫祭のことで11月6日(水)になります。
(お月見が目的ではないようです。)

昔の人達はこうして農作物に対しての感謝を込めて次の年への豊作も祈願しつつ暮らしに活かされていたのですよね。

では、豊作としてはお供え物をお話いたしましょう。

 

中秋の名月に食べ物のお供えはどんなものがいいの?

【芋】

芋名月と言われていた中秋の名月です。

お芋をお供え物としてお供えられていました。

里芋が一般的薩摩の国よりサツマイモが来てサツマイモや栗などその時の

収穫されたものをお供えされていました。

 

【お団子】

お月さまのようにまぁ~るくまぁ~るくお米の粉を練ってお団子にして五穀豊穣を感謝してお供えされたようです。

 

【ススキ】

依り代として用いたようです。

依り代とは・・・
神霊が依り憑く(よりつく)対象物のことで、神体などを指すほか、神域を指すこともある。

稲の穂に見立てて飾られたよですがね!

魔除けともいわれています。どうしてかというと・・・

ススキの葉の方はすぐ切れるほど鋭利になっていることから魔除けとして身の危険を守ってくれるものとして置かれるようです。

 

ススキ以外にも秋の七草をお供えするそうです。

知ってますか?秋の七草!!

 

  1. 萩(はぎ)
  2. 桔梗(ききょう)
  3. 葛(くず)
  4. 藤袴(ふじばかま)
  5. 女郎花(おみなえし)
  6. 撫子(なでしこ)
  7. ススキ

桔梗

葛

藤袴

女郎花

撫子

すすき

お花屋さんではめったに見られません!

あまり売られませんので写真を貼りました。このような可憐な花たちですね。

風情があっていいものですね。

 

金運アップ財布2019の中秋の名月や満月にパワー全開!

大勢の人の手から手へと渡り、良い氣も・悪い氣そのまま、あなたの元へ巡り来るお金です。

そのお金の『部屋・家・宿』が、お財布です。

 

ご自身の部屋やベッドが汚れていたり、空気が淀んでいると、息苦しいものですよね?

そのようなとき、お掃除をしたり窓を開けて風通し良くして気持ち良くなりたいですよね。

 

それと同じことをお財布にしてあげるというのが、そもそもの考え方なのです。

 

満月の

手放すパワー』を借りお財布に溜まった疲れた氣を手放す。

『引力のパワー』を利用して、お金を引き寄せてもらいます。

お金に関する運気をあげるという効果を生み出すのです。

では、その正しい方法とは?

満月から前後24時間に行える

月が満ちるのは夜ばかりではありません。

満月になる時刻から、前後の24時間の中で行えます。

お財布の中身は空っぽにする

空にすることで、お財布を休ませてあげてください。

一度『無』にすることによって、悪い氣を手放し、満月のパワーで浄化をします。

お財布に感謝する

『ありがとうございます。』など、具体的に声にだして言うことが大切です。

たとえ今まで『金運に恵まれていない』と感じたとしても今こうしていることや、今あるものに有難き思いに心を落ち着かせそんな気持ちを言葉にしましょう。

満月に向かって、お財布を3回フリフリする

感謝の言葉をのべながら、満月がある方に向かって、お財布を3回フリフリしましょう。

 

 

お天気は雨でも晴れでも行えます。

たとえ雨が降ってしまったとしても、そこに月は存在しているのですから。

曇っていて満月が見えなくても行うことが出来ます。

 

中秋の名月2019年9月13日金曜日はどうやって決めるの?まとめ

属に言う。。。旧暦の事を太陰太陽暦とのことでそこから中秋の名月で所謂十五夜で五穀豊穣を感謝と次年度の祈願を込めて過ごし月を愛でる日なのですね。

日本の趣が心地よく秋の季節を演出してくれるものですよね。

そして、星に願いをではないですが・・・

月に運を託す神秘的な力も分けてもらいたいものですね。

どうぞ、秋の夜長を月を愛でながら心地よくお過ごしくださいませ。

 

 

*************************

最後まで読んでいただきありがとうございました。

akkiiiyより

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました