盛り塩は玄関に良くないやり方は?外と内など位置や意味などは?

縁起物

清め塩と言われるほど日本では塩は邪気を払い良い運気を呼び込む力があると言われてきました。

そんな塩の使い方として盛り塩を住まいや店舗に置くという方法があります。

 

チェーン店などでは見かけませんが、小洒落た小料理屋などではよく店の出入り口に盛り塩が置かれているのを目にします。

 

しかし、あれはお清めではなく招客が目的です。

では、玄関に清めの意味で盛り塩を置く方法とはどうすればいいのでしょう。

 

こちらで正しい盛り塩のやり方を伝授していきます。

玄関に良くないやり方の盛り塩とは?

玄関の外側に盛り塩を置くのは招客で、主に商売にちなんだ店舗で行われている方法です。

自宅では、対になるように2か所設置します。

これは、結界を張るためです。

湘南乃風のショックアイさんも運気アップに盛り塩の習慣をされているようです。

守られているようで安心感を感じる人もおられるようですね。

 

結界を張るのには・・・

神が宿るためには、鳥居のように2点で結ばれた領域を作る必要があります。
これを結界と言いますが、それを作るのに玄関が相応しいとされているのです。

 

その場合、神社のお狐様や狛犬のように内側に左右対称に置きます。

穢れを払う意味で盛り塩を使うのであれば、玄関の外に配置するのはやめましょう。

放置のままの盛り塩は逆効果

盛り塩は定期的に交換することが大切です。

なぜかというと邪気を吸い込むから。

 

それでなくても時間の経過とともに、溶けたり汚れたりしていきます。

そうなると、もはや清め塩の効果はなし。

効果を期待するなら、放置したままはNG!です。

玄関に限らず盛り塩に使用した塩は食用にしない事

現代では足元に置いた盛り塩を食用にすることはないでしょう。

スピリチュアル的な意味の前に不衛生だと感じるからです。

しかし、塩が貴重だった時代にはあったようですね。

 

盛り塩は悪い気を吸収しますから、それを食べるということは体内に悪運を取り込むことになるのです。

 

そんなこと絶対にしてはいけません。

良くない方位はあるの?位置を確認しておくと便利!

方位といえば風水になりますが、東西南北と鬼門と呼ばれている方角になります。

家の中心から見て北北東、南南西の方角は鬼門です。

 

なかなか正確に配置するのは難しいでしょう。

おおよそで構いません。

 

たいていは、方位というよりも角に配置します。

敷地が広いと大変ですが、その場合は邪気を払いたい箇所だけでもいいでしょう。

自宅で気持ちが悪いと感じる箇所があればそこに置くなど。

 

玄関の外と内どちらの位置が盛り塩をするのにいいの?

清め塩をという意味では内側になります。

必ず左右に置きます。

外側に置くのはお客様を招くためのものになるので意味が異なります。

 

玄関に盛り塩を置くための意味とは?

玄関に盛り塩を置くのは結界を張るためです。

その部分に聖域を作り邪を払います。

 

陰陽、あの世とこの世のボーダーともいわれているのですが、良い気を取り込むために必要なのです。

 

風水でも玄関は重要と言われていますが、良い気も悪い気も玄関を通して侵入してきます。

 

盛り塩で清めることで悪い気を吸収してしまうことが目的です。

玄関の出入口に盛り塩は外側内側どちらに効果あるのか?

商用でなく住まいなら清めの意味で玄関の内側になるでしょう。

昔は1つでもよかったそうですが、今は対に配置することがスタンダードになっています。

 

塩は諸説ありますが、不純物を含んでいない天然塩がいいでしょう。

玄関は一番人の出入りが激しい場所です。

 

そういう場所には悪い気が滞りやすいので清める必要があります。

可能であれば三角錐のように綺麗に盛ると見た印象もスッキリしていいですね。

 

 

盛り塩は玄関に良くないやり方は?まとめ

正しく設置するのは大変です。

そのため、簡単にできる簡易的方法として玄関に盛り塩を置く方法があります。

 

ただし、内側に左右1つずつ置くこと。

これを守ってくださいね。

そして、定期的に交換することを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました