日本アカデミー賞で2020年授賞式から最優秀主演男優賞受賞はだれ?

受賞式

最優秀主演男優賞の栄冠はだれの手に!

まもなく日本アカデミー賞2020授賞式が開催されます。

今回も話題の作品が目白押し日本アカデミー賞授賞式が規模縮小になりましたが、授賞式の結果が気になりますね。

作品賞、監督賞、脚本賞など映画作品そのものに対する評価が注目されていますが、出演者個人のタイトルである主演助演各男優賞や女優賞。

そこで今回は、作品の中心的な役割を担う、日本アカデミー賞2020授賞式の主演男優賞に注目していきましょう。

最優秀主演男優賞ノミネートでだれが選ばれる?

日本アカデミー賞2020授賞式も実力者揃いの俳優陣がノミネート!

主演男優賞が出演した映画は、作品賞や監督賞なども受賞するほど注目されています。

シリアスなサスペンスストーリーから、コメディタッチの映画までジャンルを超えて贈られる最優秀主演男優賞はだれの栄冠に輝くのでしょうか。

2020年の主演男優賞受賞5人と出演作品紹介!

日本アカデミー賞2020主演男優賞には、5名の俳優がノミネートされました。

5名の俳優陣は、これまでにも映画やドラマへの出演も多く、抜群の演技力にとても魅力的。

それぞれの出演作と併せて、5人の主演男優を紹介していきましょう。

GACKT『翔んで埼玉(東映)』

2019年2月に公開された映画「翔んで埼玉」

架空の日本を舞台に、東京都民による、埼玉県民への侮辱的な支配をユーモアたっぷりに繰り広げるコメディ映画です。

第43回日本アカデミー賞において主要12部門のタイトルを獲得し、劇場公開前にはメディアでも連日取り上げられ話題になりました。

今回、主演男優賞としてノミネートされたGACKTさん。

シンガーソングライターとして、音楽活動を中心にマルチな才能を発揮、バラエティから俳優まで幅広く活躍しています。

GACKT 出演の主な作品

  • 「MOON CHILD」2003年公開の映画、本人の原案を映画化したSF作品
  • 「風林火山」2007年放送のNHK大河ドラマ。後の上杉謙信である政虎を好演。

菅田将暉『アルキメデスの大戦(東宝)』

2019年7月に公開されたヤングマガジン連載の漫画を実写映画化した「アルキメデスの対戦」。

太平洋戦争時の旧日本海軍を舞台に、新しい大型戦艦建造計画を巡り、菅田将暉演じる数学に秀でた若者と海軍将校との攻防を描いた作品です。

今作で主人公「櫂直」を演じた菅田将暉さんが主演男優賞としてノミネート。

昨年、放送されたテレビドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です」では、主人公の教師を好演し、大きな注目を集めたことは記憶に新しい作品ですね。

菅田将暉  出演の主な作品

  • 「帝一の國」2017年公開の学園漫画を実写化した映画、主人公の生徒役として出演。
  • 「火花」2017年公開の映画。お笑いタレントの又吉直樹の小説の映画化として話題に。
  • 「おんな城主 直虎」2017年のNHK大河ドラマにおいて井伊直政を熱演。

松坂桃李『新聞記者(株式会社スターサンズ)』

2019年6月に公開された社会派サスペンス「新聞記者」。

日本の現政権が抱える事件や問題に類似する内容に、公開そのものが中止になるのではないかとの噂が広まり、大きな社会問題として話題を呼びました。

今回、大学新設に関連した政府が絡む問題に立ち向かうエリート官僚役、松坂桃李さんが主演男優賞としてノミネート。

この作品「新聞記者」でのラストシーンに注目している話題作でもあります。

松坂桃李 出演の主な作品

  • 「ツナグ」2012年公開の映画、現世と死者の仲介役を熱演したファンタジー作品
  • 「居眠り磐音」2019年公開、初の時代劇作品として剣の達人として出演。

 

最優秀主演男優賞 おめでとうございました!!

 

 

笑福亭鶴瓶『閉鎖病棟(東映)』

2019年11月公開、精神病棟を舞台にしたヒューマンストーリー「閉鎖病棟」。

落語家としてマルチに活躍の笑福亭鶴瓶さんが、元死刑囚の患者を演じ、彼を取り巻く人間模様が深い感動を与えます。

笑福亭鶴瓶 出演の主な作品

  • 「ディアドクター」2009年公開の映画、小さな村の診療所で働く医者を演じています。
  • テレビドラマ「半沢直樹」や「華麗なる一族」などクセのある役どころを好演。

中井貴一『記憶にございません(東宝)』

2019年9月公開のコメディ映画「記憶にございません!」。

三谷幸喜氏が監督、脚本の話題作で、記憶を無くした最低支持率の総理大臣に中井喜一さんを迎え、コミカルな演技で優秀主演男優賞に輝きました。

中井貴一   出演の主な作品

  • 「壬生義士伝」2003年公開の作品であり、新撰組を描いた時代劇として、主演男優賞を受賞。
  • 2005年放送の「義経」、2012年放送の「平清盛」などNHK大河ドラマでは欠かせない俳優として活躍しています。

日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞はだれ?まとめ

今回、主演男優賞を受賞した実力者揃いの5人。

最優秀主演男優賞に輝くのは一体だれになるのでしょうか。

演技力に秀でた彼らの作品は、大変印象深く、観るものの心を引きつけほど魅力的です。

3月6日の授賞式での発表が、早くも待ちきれないですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました