女優も評価される新聞記者の映画!シム・ウンギョンの演技とは?

新聞記者

第43回日本アカデミー賞で、映画「新聞記者」から最優秀主演女優賞にシム・ウンギョンが受賞!!

3月6日の日本アカデミー賞授賞式ですが、新型コロナウイルスの影響により、一般観客なしの規模縮小となったものの無事に全タイトルの発表を終えたのです。

授賞式の目玉として、最優秀主演の受賞が男女ともだれが評価されるのかに注目が集まりました。

 

映画「新聞記者」から主演の2人、最優秀主演男優賞に松坂桃李

そして最優秀主演女優賞にシム・ウンギョンと最高の評価を得たのです。

 

日本アカデミー賞43で最優秀主演女優賞のシム・ウンギョンを!

日本アカデミー賞授賞式のステージ上には、優秀主演女優賞に選ばれた5名の女優が華々しく登場しました。

 

映画
最高の人生の見つけ方」から吉永小百合

人間失格」の宮沢りえと、

演技力と魅力を併せ持つベテラン勢。

 

若手女優として評価の高い

翔んで埼玉」の二階堂ふみ

蜂蜜と遠雷」からは松岡茉優

 

そして、、、

 

日本が抱える社会的な問題を見事に表現した

映画「新聞記者」から韓国出身の女優シム・ウンギョン

 

それぞれ映画づくりに対する思い入れや、周囲への感謝を述べた後、いよいよプレゼンターの最優秀主演女優賞が発表されます。

 

ステージ上の5人や会場が緊張感に包まれ、プレゼンターの役所広司が呼び上げた女優の名は!!

「最優秀主演女優賞は「新聞記者」のシム・ウンギョンさんです!」

戸惑いと驚きの表情で席から立ちあがり、ステージへと向かうシム・ウンギョン。

 

いざ、壇上のマイクの前に立ち、感極まり大粒の涙を流す彼女は言葉に詰まりながらも、共演者への感謝とこれからの活躍を誓う感動のスピーチをおこないました。

 

 

シム・ウンギョンの演技とは?その魅力に迫る!

最優秀主演女優賞を受賞したスピーチからも

シム・ウンギョンの飾らない人柄の良さが垣間見えた瞬間でしたね。

 

社会派ドラマならではのシリアスな表情や、新聞記者として難しい言い回しなど

流暢な日本語での演技力は、作品をより際立たせました。

 

韓国出身の女優として、今回映画「新聞記者」で高い評価を得たシム・ウンギョンですが

韓国では子役としてデビューした実力派なのです。

 

韓国国内において、子役時代からテレビドラマや映画への出演も多く

女優としての数々の功績を積み重ねてきました。

 

女優としての活動は、海外へのチャレンジに向かい

日本ではNHKの韓国ドラマシリーズへの出演を果たします。

 

韓国ドラマシリーズの高評価を経て、日本の芸能プロダクションであるユマニテとの契約、日本での舞台も経験し、今回の映画「新聞記者」への出演となったのです。

 

映画「新聞記者」の評価は?みんなの声は?

映画「新聞記者」の公開に先立ち、日本の現政権との類似性が問題視されました。

 

物語はシム・ウンギョン扮する女性新聞記者が、大学新設計画に関与する日本政府との疑惑に迫っていくサスペンス。

 

フィクションでありながら、現政権と加計学園との関連が連想されることから、圧力によって公開されないのでとの噂が広まっていくのです。

 

しかし、噂はデマであるとして、予定どおり劇場公開されました。

 

最優秀主演男優賞を受賞した松坂桃李のスピーチでも言及したように、「新聞記者」の出演は、俳優としての覚悟を決めて望んだものであるようです。

 

劇場公開後は大きな反響を呼び、興行収入2億円超えを記録しました。

 

第43回日本アカデミー賞では、主演2人の最優秀主演の獲得の他

作品賞、監督賞など全6部門受賞の快挙を達成したのです。

 

新聞記者の映画での評価とシム・ウンギョンの魅力に迫る!まとめ

最優秀主演女優賞の栄冠を手にした女優シム・ウンギョン。

 

韓国と日本の文化や言葉の違いなど、彼女の努力によって勝ち取った受賞であり、映画「新聞記者」も社会派サスペンスとしての大きな影響を及ぼした素晴らしい作品でした。

 

今回、日本映画界での最高の賞を受賞したシム・ウンギョンですが、日本と韓国の両国での活躍が大いに期待されます。

 

「新聞記者」では、シリアスな展開の難しい役どころでしたが、次回作ではまた違った表情や演技のシム・ウンギョンを観てみたいですね。

 

 

\\シム・ウンギョン「新聞記者」でも演技の上手さに魅了されます//

『新聞記者』はU-NEXTに登録で視聴可能!他の違法動画配信は法律で禁じられております!
U-NEXTで安心してご覧ください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました