新聞記者で松坂桃李の最後の言葉はナニ?ラストシーンに込められたメッセージとは?

映画

『新聞記者』松坂桃李さんが最優秀主演男優賞受賞しましたね!

そこでこの『新聞記者』では松坂桃李さんが最後に話す言葉は何なのか?

どのような意味をもたらすものなのか?知って行こうと思います。

社会部の女性新聞記者とエリート官僚の二人が、対峙しながらも社会が抱える葛藤と向き合っていくサスペンス映画。

真実は何処にあるのか?

日本の中枢が絡む大学新設計画には、信じられない事実が隠されていた。

実際の新聞記者によるノンフィクションを原案に映画化された作品であり、ラストシーンでの最後の言葉は、大きな力や圧力に立ち向かうことの難しさや無力感が伝わってきます。

映画、新聞記者の最後の言葉に込められた思いとは。

まだ見ていない方はU-NEXTでお楽しみいただけます。

 

加入特典で
600円分ポイントプレゼント!
⇩⇩⇩

見放題作品140,000本
31日間無料

 

新聞記者で松坂桃李は最後の言葉でナニを言ったか?

2019年に公開された映画「新聞記者」は、主演の女性新聞記者に韓国の女優シム・ウンギョン、エリート官僚に松坂桃李を迎えた社会派サスペンス。

 

真実を追求するため、時には鋭い取材を続け周囲から敬遠されている女性新聞記者の吉岡エリカと、内閣情報調査室のエリート官僚である杉原拓海の相対する立場の二人が、大学新設計画に隠された事実に迫っていきます。

 

取材と調査の結果、とんでもない真実があきらかになっていくのですが、大きな力の前には個人の力は非力です。

 

映画のラスト、吉岡と杉原が距離をおいて出会うシーンで力なく立ち尽くす杉原が最後に発した言葉はナニと言ったのでしょうか。

はっきりとした口調で発した言葉ではなく

杉原の憔悴しきった表情や上司からの圧力

吉岡に対しての申し訳なさの表現として

「さようなら」、「ごめん」

などの言葉が連想されます。

新聞記者(映画)全体の感想ネタバレ

ストーリー全体を通じて、社会の闇に立ち向かうことの難しさや葛藤がリアルに表現されています。

 

新設される予定の大学の背後には、日本の中枢が深く関与し生物兵器を所有することになるという、とんでもない真実が解き明かされます。

 

しかし、大学新設に関して真相を知れば知るほど、事実を知った非業の自殺を遂げたかつての恩師や、上司からの圧力によって疲れ果てる杉原拓海。

 

最愛の妻や生まれたばかりの我が子の存在が、権力に立ち向かおうとする思いを踏みとどませる結果になってしまうことは、一人の人間としての力の限界を感じさせます。

 

杉原の憔悴しきった表情と、最後の言葉を目にした吉岡エリカの心情からしても、大きな力に屈してしまう悲しさや、杉原に対しての申し訳なさのような切ない表情が何とも言えない無力感が込み上げてきます。

新聞記者でラストシーンに込められたメッセージとは?

新聞記者の吉岡エリカと杉原拓海が出会うラストシーンには、混沌とした社会への強烈なメッセージが凝縮されています。

大学新設の真実の告発者が描いたとされる「羊の絵」には両目がふさがれた何らかの意図を意味しますが、羊を人間と置き換えるならば民主主義国家の中では真実を見ることができない上に、か弱い羊の姿が一人の人間のちっぽけな存在とも言えるのでしょうか。

 

「この国の民主主義は形だけでいいんだ」杉原に対して上司である多田のセリフであり、必ずしも真実や正しいことばかりだけが民主主義ではなく、偽りや時には嘘も必要だとも受け取れます。

 

どうにかして真実を公表しようとする二人が打ち砕かれるようなセリフには、実際の社会でも起こりうる危惧を警鐘しているのかもしれません。

 

新聞記者でラストシーンをもう一度見たい方は動画配信

社会的メッセージを強く訴えた映画「新聞記者」は公開後、非常に大きな話題を呼び数々の映画賞を獲得。

社会的サスペンスとし、中高年層の支持が多いテーマですが、若年層まで客層が広まっていったことで、各地の劇場でパンフレットが品切れしてしまうというハプニングが発生しています。

数週間にわたるロングヒットを記録し、興行収入は4億円を超えるほどの話題作となりました。

実際に劇場でご覧になった方で、もう一度観ておきたい場合や、まだ観たことがない方など

映画「新聞記者」の視聴に動画配信がおすすめ。

洋画、邦画、アニメなど豊富なラインナップと

「申し込み後31日間無料」

で視聴できるお得なサービスを提供する

動画配信サービス「U-NEXT」

お手持ちのスマホやタブレットへのダウンロードが可能で、ファミリーアカウントとして無料で最大4台まで視聴及び購入することができます。

映画「新聞記者」もご自宅だけでなく、外出先でもゆっくりと観賞したい方には動画配信の利用を検討してみてはいかがでしたでしょうか。

また、新型コロナウイルスで外出に自粛されても方も家でゆっくり観賞されてもいいですよね!

時間の過ごし方に動画配信でたのしまれ映画「新聞記者」もお楽しみください。

 

 

新聞記者の映画で最後の言葉はナニ?まとめ

新聞記者と官僚、相反する二人が正しいと思う道を協力して成し遂げようとする姿には、大きな壁に立ち向かおうとする勇気を与えてくれる作品であると同時に、社会的な権力の恐ろしさも感じることができるでしょう。

現実社会で起こっている様々な問題や、これから先起こりうる事柄などに対しても、この映画が訴えるメッセージを個々に受け止めなければいけない作品です。

混沌とした社会を見つめなおす機会としても、映画「新聞記者」をご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

映画「新聞記者」を
U-NEXTでお楽しみになれます

      U-NEXT   ≫≫ 

申し込み後31日間無料視聴  ≫≫

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました