新解釈三國志のロケ地は富士山?福田雄一監督にどうでしょうと不安なのは誰?

新解釈三國志,ロケ地 三国志

コメディ映画の奇才として、話題作を生み出す福田雄一監督の最新作「新解釈三國志」。

 

中国の歴史物語として有名な三國志ですが、福田流になると新解釈としてコメディ劇場に様変わりします。

 

福田監督が熱望の大泉洋さんを主演に迎え、ロケ地は物語の本場中国と思いきや、全編にわたって国内でロケ地での撮影を慣行!

 

ロケ地にになった場所や、撮影の様子などたっぷりと紹介していきましょう。

 

新解釈三國志のロケ地は中国じゃない?福田流三國志は国内ロケ地で撮影!

中国の歴史書「三國志」も福田雄一監督の手にかかれば、コメディ要素たっぷりの世界

 

キャストに大泉洋さんムロツヨシさん佐藤二朗さんなど歴史書とは思えない?ゆるい空気感漂うストーリーに期待は高まるばかりです。

 

三國志の世界観を演出するためには、やはりロケ地は歴史舞台となる中国でしょうか?

 

ところが、さすが福田流の三國志、ロケ地に選ばれたのは日本国内のとある場所だったのです。

 

ロケ地は富士山?山奥での撮影とは

福田監督がロケ地の模様を伝えるツイッターを公開

 

ロケ地の場所を完全に特定する記述はないようですが、撮影時期の綺麗な富士山の写真をツイッターにアップしています。

 

場所としては、静岡県裾野市朝霧高原での撮影と思われ、他にも三國志のストーリー上に必要な兵士による合戦シーン撮影に、千葉県でもおこなわれていたようですね。

 

 

福田監督は大泉洋の熱烈ファン!スタッフも期待の出来映え

新解釈三國志は福田監督が、大泉洋さんを主演にするべく進められた作品であるようですね。

 

福田監督自身が大泉洋さんの大ファンであり、数年前からオファーしスケジュール調整の末にようやく実現出来たことを公式ホームページで公言しています。

福田雄一監督「水曜どうでしょう」をロケ地にも持参!

大泉洋さんを中心にした北海道のバラエティ番組「水曜どうでしょう」

ゆるい会話を繰り広げながら旅をする企画が話題を呼び、多くの著名人にも番組のファンが多いローカル番組、現在では放送は終了していますが不定期での新企画を続けているようですね。

 

福田監督も「水曜どうでしょう」のファンの一人であり、番組出演時の大泉洋さんの愚痴っぽさやゆるい感覚が、新解釈三國志の英雄「劉備」の役に引き継がれているのです。

 

ロケ地において、福田監督は「水曜どうでしょう」のDVDボックスを持参していたようですが、新解釈三國志の撮影にも大いに役立っていたのでしょうか。

 

メイキング映像から分かるゆるい空気感に不安は大泉洋?

映画『新解釈・三國志』メイキング映像第一弾【12月11日(金)公開】

本当に三国志?  どうでしょう・・・不安?それとも後悔!?

 

大泉洋さん少し不安ぎみ?そう思わせるほど、ゆるい仕上がりとコミカルさで、中国の歴史時代劇でありながら現代コメディの軽快さが伝わってきますね。

 

愚痴っぽくて文句ばかりの大泉洋さん扮する「劉備」や、軽いノリのムロツヨシさん扮する「諸葛孔明」などキャラの出来具合が面白さを倍増させてくれます。

 

大丈夫なのか?そう漏らす大泉洋さんのコメントの一方で、福田監督は撮影中ワンカット毎に大笑いしながら「最高でしたね!

 

プロデューサーやスタッフもワクワクしっぱなしの福田組が手掛ける作品に、期待は高まるばかりです。

 

高貴な重厚感ある歴史には似ても似つかぬ様子がメイキング映像から

 

もう新解釈三國志として三國志を違う角度で捉え気軽に受け入れらる作品なのだと伺えて

 

若い世代にも三國志ファンにも前評判がよろしいようです。

 

新解釈三國志のロケ地は富士山?福田雄一監督どうでしょうと不安?まとめ

新解釈三國志のロケ地いかがでしたか。

福田監督が長く温め、満を持して完成した三國志、

ぜひとも劇場に足を運んで見ておきたい作品ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました