ロバートパティンソンのバットマン反対が気になる!他のキャストは誰?

映画

今回2021年公開予定の「ザ・バットマン」にはバットマン役としてロバート・パティンソンに決定!

バットマンは、1940年代アメリカのDCコミックから誕生した人気作品で、現在までに多くの作品が生み出されてきました。

バットマンの映画化は14作品にものぼり、様々なシリーズで名だたる俳優が演じることで、注目作品ならではの評価にも繋がっています。

今回バットマン役となったロバート・パティンソンはこれまでにも、多くの作品に出演してきた実力派であり、新しいバットマンとしての評価が反対とのことなのか気になるところです。

ザ・バットマンの主演ロバート・パティンソンに反対が気になる!

ザ・バットマンとして作品に挑むことになったロバート・パティンソン。

15歳から役者としての経験を積み俳優としてブレイクするきっかけとなった作品

「ハリーポッター」の優等生セドリック役を演じる
・「トワイライト」では主人公のバンパイアを演じる

この代表作で人気俳優の地位を確立しました。

今回の新バットマンについては、これまでの作品とは、また違った新しいストーリーが展開されるとあり、ロバート・パティンソンが演じるブルース・ウエィンの新たな魅力が引き出されるのかが注目です。

反対というのはあり得ないでしょう!

 

ザ・バットマンの他のキャストは誰?

バットマンには魅力あるキャラクターも人気の理由です。

バットマンであるブルース・ウエィンに仕える執事や、ゴッサムシティの刑事など、お馴染みのキャラクターは新バットマンでも登場。

バットマンの配役同様に、他のキャラクターを演じる俳優は誰になるのかも見どころです

現在、発表されているキャラクターのキャストをそれぞれ紹介していきます。

ザ・バットマンのキャストでセリーナ・カイルの役ゾーイ・クラヴィッツ

View this post on Instagram

BAFTA, BABY.

A post shared by Zoë Kravitz (@zoeisabellakravitz) on

バットマンと同じ黒のコスチュームに身を包むキャットウーマン、本名セリーナ・カイルのキャストにゾーイ・クラヴィッツが選ばれました。

カリスマロック歌手レニー・クラヴィッツの娘であり、これまで多くの映画やテレビドラマで活躍している女優です。

代表作には、「XーMEN ファースト・ジェネレーション」や「マッドマックス」などの出演で注目を集めています。

ザ・バットマンのキャストでエドワード・ナッシュトンのリドラー役・ポール・ダノ

ゴッサムシティには様々なヴィラ(悪役)が登場します。

新バットマンでは、知的な犯罪者エドワード・ナッシュトンのリドラー役にポール・ダノがキャスティングされました。

ポール・ダノは2002年頃から、数多くの映画やテレビドラマに出演し、自ら制作、監督を努める映画を作成するなど実力派の俳優です。

ザ・バットマンのキャストでオズ・コブルポットのペンギン役・コリン・ファレル

バットマンシリーズでは、最高の悪役の一人として数えられるオズ・コブルポットのペンギンが新バットマンにも登場。

紳士的な策略家としてバットマンと対峙するオズ・コブルポットとして、コリン・ファレルが選ばれました。

コリン・ファレルは「アレキサンダー」や「トータルリコール」、「マイノリティリポート」など話題作に出演し、悪役ペンギン役としての演技にも期待されます。

ザ・バットマンのキャストでゴードン刑事役・ジェフリー・ライト

Erina on Instagram: “Took a selfie with Jeffrey!🤗 After taking a selfie I said thank you, he said “Cool!!😎” and patted me on the shoulder twice!!!😍😘🤩 Jeffrey,…”
49 Likes, 4 Comments - Erina (@moviejunkey) on Instagram: “Took a selfie with Jeffrey!🤗 After taking a selfie I said thank you, he said “Cool!!😎” and patted…”

バットマンでは欠かせない登場人物として、ゴッサムシティ警察のゴードン本部長。

新バットマンでも登場し、前作「ダークナイト」シリーズでは、ゲイリー・オールドマンが演じました。

今回、ゴードン刑事役には、映画「バスキア」の主人公として一躍有名になったジェフリー・ライトがキャスティングされました。

ザ・バットマンのキャストでアルフレッド・ペニーワース役・アンディ・サーキス

 

バットマンであるブルース・ウエィンに仕える忠実な執事アルフレッド・ペニーワースは新バットマンにも登場。

今回、忠実な執事を演じるのは、「猿の惑星」のシーザー役を見事に演じきったアンディ・サーキスがキャスティングされました。

ザ・バットマンのキャストで暗黒街の首領カーマイン・ファルコン役・ジョン・タトゥーロ

 

バットマンに登場する悪役の一人カーマイン・ファルコンにジョン・タトゥーロがキャスティングされました。

ゴッサムシティの暗黒街マフィアのボスとして、冷酷で残忍な悪役カーマイン・ファルコンを演じるタトゥーロは、映画「トランスフォーマー」のシモンズ捜査官として出演しています。

ザ・バットマンの評価が気になる!

2021年公開予定の新バットマンは、「猿の惑星 新生記」や「猿の惑星 聖戦記」の監督マット・リーヴスによる制作から監督まで手掛ける作品となります。

これまでのバットマンと違い、若かりし日のブルース・ウエィンを描き、探偵物語の要素を取り入れているようです。

新しいバットマンのストーリーとして、今後三部作構成で展開されていくとの報道もあり、前作との比較など評価が気になるところですね。

ロバートパティンソン のバットマン反対が気になる!他のキャストは誰?まとめ

ロバート・パティンソンが演じるバットマンは一体どういったイメージを見せてくれるのか、ストーリーそのものを含め、大変興味深い作品です。

日本での公開日に関しては、まだ明らかになっていませんが、バットマンファンにとっては待ち遠しい作品となるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました