ワンダー君は太陽で号泣!感動シーン満載ネタバレと感想も

ワンダー君は太陽 ワンダー君は太陽

「相手を知りたかったら、よく見ること」

2017年に公開された映画『ワンダー君は太陽』で最も伝えたかった事柄が、このセリフに凝縮しています。

生まれつき変形した顔の少年が、学校生活を通じて家族や友達との真実の愛に触れ、周囲も少年との関わりの中で、次第に打ち解けあっていく感動のストーリー。

ワンダー君は太陽では、随所に号泣シーンが満載。

それぞれの葛藤と、少年に対する想いなど人の大切な本質を気づかせてくれる名作を号泣シーンも織り交ぜて紹介していきましょう。

 

ワンダー君は太陽は家族愛に溢れた物語

生まれつき先天性の難病で顔の形が変形している少年オギー。

しかし、家族は懸命に彼を支え、時に悩み、励ましあいながら、オギーが普通の学校生活を送ることを望むのです。

学校では外見的な要素から、差別を受けるオギーでしたが、見守る家族の愛の深さにストーリーを通じて知ることができるでしょう。

ワンダー君は太陽のあらすじ

トリ―チャーコリンズ症候群と呼ばれる難病で顔が変形した状態で生まれた少年オギー。

27回もの整形手術を経て、ようやく安定した生活を送れるようになり、両親はオギーを学校へ通わせることを決意するのです。

生まれて初めて学校に登校したオギーですが、生徒達から差別やいじめを受けることでふさぎ込んでしまいました。

家族の支えや励ましで、学校に通い続けるオギー。

やがて、彼を好奇の目で見ていたクラスメイトでしたが、一人二人と次第にオギーの人柄に触れ、次第に交流が広がっていくのです。

オギーとの触れ合いの中で、人は外見で判断してはいけない、内面にこそ価値のあるものだと理解し終了式で祝福を受けるクライマックスは必見

ワンダー君は太陽は号泣してしまう感動シーンが満載!

オギーを中心にして、家族や友達、先生と彼に関わる人々に大きな影響を及ぼしていきます。

名言が随所に散りばめられた感動シーンを登場人物と共に紹介していきましょう。

 

感動シーンが満載でほっこりするシーンも

物語はオギーが学校生活を送る中で、苦難を乗り越える感動シーンが満載。

スターウォーズファンのオギーが、空想で登場するチューバッカとのやりとりが、何ともほっこりするシーンです。

オギーの母イザベルの感動シーン

人の顔には印がある。心は人の未来を示す地図で、顔は人の過去を示す地図。あなたは醜くない。

オギーを学校へ通わせることを決意しながらも、差別を受け落ち込む息子に母として投げかけた言葉。

オギーを心から愛し、信じ続ける母親としてジュリア・ロバーツの演技は注目です。

オギーの父ネートの感動シーン

お前の顔がもっと見たいんだ。

オギーが被っていたヘルメットを会社に隠し、その真意について息子に向き合うネート。

時には男同士としてオギーに接する心優しい父親は印象的です。

オギーの姉ヴィアの感動シーン

お菓子をもらいに行こうよ。

学校でのクラスメイトからの心無い言動でふさぎ込むオギーに、ハロウィンでお菓子をもらいに行こうと誘うヴィア。

オギー中心の両親に対して、寂しさを心に秘めながらも、大好きな弟への気遣いを見せる健気な姉の姿に感動を覚えます。

オギーが通う学校の校長トゥシュマンの感動シーン

オギーは見た目を変えられない。我々の見る目を変えなくてはいけない。

オギーに対して嫌がらせをした生徒ジャスティンに対して、停学を言い渡しながらも、彼の良心に問いかけるトゥシュマン校長。

オギーを迎え入れた立場として、常に子供達の想いを感じ取り、正しい道へと導く教育者の姿が印象的です。

また、オギーを慕うクラスメイトのジャックが、オギーを馬鹿にするジャスティンに殴りかかったことに対しても、理解を示すトゥシュマン校長は

親友は守るべきものだ。

ジャックへの優しさと、これからの彼の行動に期待を投げかけていました。

オギー自身の感動シーン

心の中を覗けたら、みんな普通じゃない。

クライマックスでオギー自身の想いです。

外見ではなく、みんなそれぞれに悩みや葛藤があることを感じ取ったオギー。

学校での新しい生活の中で、よりたくましく成長していくオギーに号泣シーン満載!!

ワンダー君は太陽で号泣に注意!感動シーン満載ネタバレと感想も まとめ

ワンダー君は太陽いかがでしたか。

内面にこそ人の本質があり、見かけだけで判断してはいけないことを教えてくれる作品でしたね。

ワンダー君は太陽のストーリーを通じて、希薄になりがちな現代社会において、人との繋がりや大切な家族との時間をあらためて考えてみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました