ワンダー君は太陽の名言集からわかる子供におすすめの言葉かけ!

ワンダー君は太陽名言 ワンダー君は太陽

ジュリア・ロバーツ主演のヒューマンストーリー「ワンダー君は太陽」は家族愛や友情に満ちた感動の名作。

生まれつき顔が変形する難病を抱える少年オギーを中心に、両親と姉、生まれて初めて通う学校のクラスメイトや先生達との触れ合いを通じ、数々の困難を乗り越え、それぞれ心から理解しあっていくのです。

今回、「ワンダー君は太陽の名言集」として、劇中に登場する数々の心に響く名言を集めました。

実際にお子さんを育てるご家族に、「ワンダー君は太陽の名言集」が少しでも応援歌になることを期待し、映画の内容に触れながら紹介していきましょう。

 

ワンダー君は太陽の名言から見える子供への言葉かけ

劇中ではオギーを中心に、子供を見守る大人たちの数々の名言が視聴者の心に深く突き刺さります。

子供たちが抱える悩みや葛藤に寄り添い、励まし、時に厳しく接しながら成長を願うシーンの数々に感動を覚えることでしょう。

『ワンダー君は太陽』の数々のシーンでは子供たちそして我が子への励ましや勇気づけとしての

言葉かけする為にとても参考になる感動の名言が飛び交っていたので

沢山の名言から名言集としてまとめてみました。

ワンダー君は太陽の感動名言集

「ママだからあなたを一番知っている。あなたをよく知れば醜くないってわかる。」
「心は人の未来を示す地図。顔は過去を示す地図。」

オギーの母イザベルは、障害を抱えていたとしても、前を向いて歩いて欲しい、そんな気持ち溢れるシーンです。

 

「孤立してもお前は一人じゃない。」

生まれて初めて学校へ登校するオギーに対して、いつでも味方であることを伝えたシーン。

 

 

「正しいことをするか、親切なことをするか、どちらか選ぶ時は親切を選べ。」
「おこないはあなたの記念碑だ」

オギーのクラスで担任のブラウン先生が、格言としてホームルームで生徒たちに送った言葉。

 

 

「私には、お前が一番可愛いのよ。」
オギーの姉ヴィアの心の寂しさに気づいていた亡き祖母のセリフ。
オギーを愛していながらも、両親からの愛情を一身に受けていないと感じてしまうヴィア、祖母の暖かい優しさが伝わってきます。
「親友は守るべきものだ。」
「優しくありなさい。あなたの出会う誰もが困難な戦いに挑んでいる。」

オギーが通う学校のトゥシュマン校長のセリフ。

常に生徒の気持ちを理解し、誰に対しても優しくあることを語ります。

オギーに嫌がらせを繰り返したジャスティンに対しては、自分自身が見方を変えなくてはいけないことを伝えました。

 

ワンダー君は太陽が映し出す家族愛とは

先天性の難病で顔の形が変形しているオギーは、幾度も整形手術を重ねようやく普通の生活ができるまでになります。

人とは違う顔のオギーですが、両親の支えで学校に通い、最初は差別を受けながらも、次第にクラスメイトと心を通わせることができるようになっていくのです。

 

オギーを支える家族の絆

差別を受け、落ち込むオギーを一番に救ったのはやはり家族でした。

心配や不安を抱えながらも、普通の生活をさせてやりたいと願う母イザベルと、時には男同士としての気持ちを伝える父ネート、自身の寂しさを抱えながらも弟へ愛情を注ぐ姉ヴィア

家族4人テーブルを囲むシーンや、オギーが初めて学校に通うため家族が見送るシーンなど家族の絆が随所に散りばめられています。

そして、ご覧いただくとわかると通り涙腺崩壊で号泣で感動のシーン連続かも知れません!

それぞれの葛藤と、少年に対する想いなど人の大切な本質を気づかせてくれる名作を号泣シーンも話題ですよね!

 

ワンダー君は太陽の名言集からわかる子供におすすめの言葉かけ! まとめ

ワンダー君は太陽の名言集はいかかでしたでしょうか。

名言の数々は、あなたの心の中にいつまでも刻みこまれることでしょう。

子育ては楽しいことばかりでなく、大変な時間を過ごすことも多く、子供と一緒に親も成長していくことを感じさせてくれるストーリーでしたね。

オギーの家族のように、深い絆を持ち続けることの大切さを学び、これからの生活に活かされることを望むばかりです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました