ショックアイ流習慣が運気アップに!この5つが運招く!

ショックアイ習慣 歌手・グループ

ショックアイさんが実践している5つの習慣

 

占い師ゲッターズ飯田さんの占いにより、強運の持ち主であることが判明したショックアイさんが、自分の行動を見直し、私生活においておこなっている習慣について教えてくれています。

 

ショックアイさんの待ち受け画像は運を運んで来てくれると話題ですが、自ら運を呼び込む意味あいでも、心の持ち方一つで運気upに繋がることが重要です

 

では、心の持ち方をどう変えていくのか、ショックアイさん流の5つの習慣を見ていきましょう。

 

運気は習慣で変わる!ショックアイ流の考え方と行動

歩くパワースポットと呼ばれ、スマホの待ち受け画面をショックアイさんにするだで、運が舞い降りてきたという話をよく聞きます。

 

最近では、ダウンタウンとのコラボの待ち受けも好評です!!

 

運が良かった!」や「幸せが舞い込んできた!」と感じる方がいる反面、「運が悪かった」や「特に何も感じなかった」など、とらえ方は人それぞれありますよね。

 

ショックアイさん自身も、歩くパワースポットと呼ばれる以前は、運に関しては特に考えることはなかったようです。

 

普段の行動で自分を変える

ショックアイさんはSNSや著書において、運気を上げるためになすべきことを伝えています。

 

 

運を引き寄せるためにするべきこと

  • ポジティブな思考を心がける
  • 自分の目の前にあることを一生懸命にやってみる
  • 良いと思ったことを実践して行動する

 

 

普段の考え方や行動を変えることで、実際の効果につながっていくことの重要性を説いているのです

 

そこで、ショックアイさんが普段から実践している習慣を紹介していきましょう。

 

 

ショックアイが実践!5つの習慣で運気アップ

ショックアイさんが実践している主な習慣は5つ。

 

5つの習慣については、いづれも特別に難しい事柄ではなく、ポジティブな思考や行動など、誰でも当たり前にできるようなものばかりです。

 

日々の中で、これらを習慣化することで、次第に運気upにつながっていくことでしょう。

 

 

運気アップの習慣①ナイトルーティーンで幸福度up

ポジティブな思考を取り入れる方法の一つがナイトルーティーン。

 

一日の生活の中で起こった3つの良かった出来事を思い出してメモを取ります

 

就寝前にこれらのルーティーンをおこなうことで、気持ちの部分で自然と幸福度が上がっていくというものであり、例えば良いことがなかった日があったとしても、自分自身を見つめ直すことができるのです。

 

 

運気アップの習慣②盛り塩でお清め

一般的にお清めや、開運などの目的でおこなわれる風習である盛り塩

 

玄関や、風水で言えば気の流れによる鬼門などに盛り塩を置くことで、開運や商売繫盛のおまじないとしておこなわれています。

 

ショックアイさんも実践し、小皿の上の六角の盛り塩を取り換えた際、「清々しさが好き」とコメントしていますね。

 

運気アップの習慣③神社への参拝で運気up

歩くパワースポットとして、全国各地の神社を参拝しているショックアイさん。

 

自ら心を整えるために訪れる神社への参拝ポイントとして、清々しい空気感を味わうとともに、神様のお願いも聞いてみるといった循環を作り出すことも重要であると伝えています。

 

 

運気アップの習慣④ポジティブな角度で言い替えてみる

毎日の生活の中で、不安や疲労、ネガティブな考えが頭によぎってしまうことがあるでしょう。

 

しかしながら、これらのマイナス的な思考を捨て去り、頭の中を空の状態にしてみることが必要であり、最後にはポジティブな思考で物事をとらえてみることです

 

無理と思っていたことでも、できると思い実践することや、感謝の気持ちを大切にすることで物事がポジティブに向かっていくことでしょう。

 

 

運気アップの習慣⑤みなさんのお役に立てる事を考えて行動する

友達や家族、会社の同僚など「ご縁」を大切に、感謝の気持ちを持って行動することです

 

多くの人との出会いに感謝して、自分自身が役に立てることを考えることができれば、自信にもつながり、知らず知らずのうちに運気も良くなってくるのです。

 

ショックアイ流習慣が運気アップに!この5つが運招く!まとめ

ショックアイさんの5つの習慣はいかかでしたでしょうか。

 

普段なんとなく生活していれば、見過ごしてしまうような事であっても考え方一つを変えることで、幸福を呼び込むことができるのです。

 

ショックアイ流の5つの習慣を、この機会に実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました