G20首相宣言で「大阪トラック」運送業者と間違えるがデータ流通はどうだろう?

社会

こんにちは。akkiiiyです。

20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の関連イベントで

 

データ流通や電子商取引(EC)といった

 

デジタル経済に関するルール作りを進めるための

 

枠組み「大阪トラック」の開始を安倍晋三首相は宣言した。

 

でデジタル経済に関するルール作りですよ!注目ある内容ですよね。

G20首相「大阪トラック」の開始宣言!

 

世界貿易機関(WTO)におけるECのルール作りの交渉を

 

首脳間で合意した大阪トラックで後押しするのが狙いだ。

 

首相は「来年6月を予定するWTO閣僚会議までに実質的な進展を目指す」と強調した。

 

今年1月に消費者や産業活動で生じるデータへの規制を各国・地域でそろえた上で

広く活用できれば「信頼性のあるデータの自由な流通(DFFT)」という考え方で新たな富を生み出せるとして提唱した。

 

データの自由な流通には

個人情報や知的財産権、

安全保障上の機密など

守られる「信頼性」が担保されなければならない。

このため、デジタル経済の成長著しさに後れをとらない国際的なルールや規律が欠かせないとして、大阪トラックを提唱した。

 

ただ、日米などがデータの自由な流通を訴える一方にですよ!

中国は国家主導によるデータの管理を主張する。

欧州連合(EU)はむしろプライバシー保護を重視する為に規制強化に熱心。

ルール作りでは各国・地域で温度差が非常強く感じる。

今後のWTOでの協議は、難航する恐れがあります。

 

そんな、首相宣言に困惑するのか?

はたまた、

ポジティブに受け止めていい宣伝になる!と笑顔になるのか?

 

 

G20首相宣言で笑顔で語る「大阪トラック」運送業者!

「大阪トラック」という名前の運送業者がある。
同社の男性社員(43)は取材に対し、
「見たときに、うちと同じ名前やなと思った。
直接は関係ないけど、宣伝になったらええね。
もちろん良いように受け止めてます」と笑顔で話した。

引用元 朝日新聞

 

Twitterでも「大阪トラック」を社名と間違えている人多いですよ!

データ流通までは出来ないようですが・・・

でも、これからのデジタル経済はたのしみです。

G20首相の参加国はどの国なのかどこで開催された?

 

  • アルゼンチン      オーストラリア
  • ブラジル         カナダ
  • 中国           フランス
  • ドイツ          インド
  • インドネシア       イタリア
  • 日本           メキシコ
  • 韓国           南アフリカ共和国
  • ロシア          サウジアラビア
  • トルコ          英国
  • 米国           欧州連合(EU

 

「G20の開催場所」

大阪国際見本市会場インテックス大阪

 

まとめ

G20とは「Group of 20」の略になっています。

「世界的な金持ちの20個の国が集まって話し合いをする」という意味ですが

今回の話し合いでは、

デジタル経済を動かす「信頼性のあるデータの自由な流通(DFFT)」という考え方で新たな富を生み出せるとして提唱していたこと。

これからのデジタル経済の動きに注目していきたいと思います。

 

 

****************

最後まで読んでいただきありがとうございます。

akkiiiyより

コメント

タイトルとURLをコピーしました