新潟山形地震の震度6強で故郷の被災地へエールを送る有名人たちの心境は

社会

こんにちは。akkiiiyです。

akkiiiyの住まいの地域では、まさに今回の「山形県沖地震」の震源地の周辺です。

震度6強もあり大変恐怖な一夜でした。

昭和39年亡き主人の生まれた年です。6月16日に今回のような新潟地震が起きました。

地震の話を亡き主人のお母さんに聞いたりその時の行動や心の状態など参考になっています。

それから、今回の地震の様子など体験と共にお伝えし、馬場ふみか、hikakin、久住小春、横澤夏子

達が被災地へエールを送ってくれているので嬉しいです。

 

新潟山形地震震度6強の揺れとはどんな状況になったのか

この写真は、全国ネットのTVで放映していて、もうみなさんも見ていると思います。

この上の白い建物は総合体育館でして、町民の人がスポーツをしたり、商業祭りや催し物などのイベント会場に使われている施設です。

ここがまさに避難所ということで使用していましたがそこの法面が崩れてしまいました。

 

 

 

この写真もTVで放映している映像です。

TVでは、「寝屋集落」と伝えていますが、「出戸集落」です。

この橋を渡ると、この先には病院があるのでよく使用する道なのですが、そこにこの大きな岩が落下するのですから恐怖ですよね!

この道は、akkiiiyが中学生の時に部活動でよく走ったことを思い出します。

その道にこんな大きな岩が・・・こわいですよね~

 

ほとんどの家屋の屋根の瓦が崩れて割れています。

車庫の床に亀裂が走り割れていたお宅もいました。

akkiiiyの家も神棚と主人の仏壇がめちゃめちゃになりましたがそんなお宅もありました。

石の塀やブロック塀なども崩れたりもしていました。

 

JR羽越本線の「いなほ」笹川流れの所を走っている時の地震でした為、車掌さんが走行中の「いなほ」を急停止して乗客を避難させたことも心苦しい話です。

暗闇の中を車内から出て避難する乗客の気持ちを思うと恐怖だっただろうとか、不安だっただろうと大変さを思います。

車掌さんの機転が利き命拾い出来た事で車掌さんに感謝ですね。

 

今回の負傷者の合計は26人

大惨事にならずに今のところ大丈夫ではありますが、この後、大きな揺れが起きるかもと注意が必要です。

akkiiiyも気を付けます!

どうか、無事でいてくださいね。大惨事にならぬように祈ります。

新潟の故郷が地震に有名人から被災地へエールを送る

横澤夏子もそれぞれInstagramのストーリーズを投稿。

今回の地震で被害に遭われた方の回復と復興をいのってますー!
昨日新潟からの帰り道ちょうど新幹線乗ってて停まってびっくりしたよー!
これから余震にも気をつけてくださいー!

横澤夏子さんインスタのストーリーズより引用

横澤夏子さんは「昨日新潟からの帰り道ちょうど新幹線乗ってて停まってびっくりしたのよー!」と新潟から帰京する際に地震に見舞われたことを明かし、「これから余震にも気をつけてくださいー!」と注意を呼びかけてくれています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

さっぱり、ばっさり❤︎ 暗めにしたよん♪ みほちゃんありがとぉ😚

久住 小春/Koharu Kusumiさん(@koharu_kusumi.official)がシェアした投稿 –

 

両親が新潟県の佐渡に住んでいるという女優の中村アンさんは「いてもたってもいられない。みなさん無事でありますように」とコメントしています。

知らなかったです!

中村アンさんのご両親は佐渡にお住まいされていますんですね。

 

金山で有名な佐渡です。

akkiiiyの祖母も佐渡出身です。

今回、佐渡も被害ありましたが大惨事にならずに済みました。

まとめ

今回の地震は津波もいまのところないとの事、大惨事にならずに済んでいます。

今後どうなるか無事を祈りながら注意を払っていこうと思いますが、

新潟の有名人の方たちがエールを送る気持ちには無事を祈る思いが込められているのだともいます。

この様な、人の思いには不思議な力があるのだとakkiiiyは信じたいと思い大事を取りたいと思います。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

akkiiiyより

コメント

タイトルとURLをコピーしました