YouTuberゆたぼんの人生は大冒険でその家族たちは

社会

10歳の少年が不登校!!

いや~、スゴイ子現る!!

YouTuberゆたぼんクン(10歳)

ゆたぼんクンの本名は、中村逞珂(なかむら ゆたか)

どうしたんだ!  何があったんだ!   10歳で悟りでも始める勢いですね!

でも、、、

と  「でも」がわたしの頭を過ぎります。

なんだか、ゆたぼんクンの姿を見ていてどこか無理をしているようで、痛々しいと感じるのはわたしだけなのでしょうか?

教育を受ける義務がある立場で学校を行かない。

そんな生活、生き方を見て行きましょう。

ゆたぼん10歳の少年が不登校でも幸せという家族とは

 

まぁ~コレをみてください。威勢のいいゆたぼんクン!

少年革命家ゆたぼんチャンネル

可愛いYouTuber。

これを見て家族を知りたくなりました。

どんな人たちなのだろう?

ありふれたごく普通のご家庭のゆたぼんクンならば

凄く天才的!!な、お子様だと思います。私も仰天しちゃいますね。

 

 

少年革命家ゆたぼんとその家族たち

またまたスゴイ事に Twitterアカウントもありました。

ゆたぼんクンのように目的意識が明確で人生は冒険だ!!

と信念を掲げていられる10歳は不登校をしていても不幸じゃあないんでしょうね。

大抵のお子様10歳くらいですと、ご自分の人生に目的意識が強く明確で信念をお持ちのお子様はいないですよね。

大概、親やその子に関わる人たちがサポートをして差し上げて一人前の大人として独り立ちできるようにその中の1つでもある学校というシステムが有りますよね。

その学校を省きYouTubeビジネスを思い付く背景には令和時代象徴になりそうな親子関係が見え隠れしてきていませんか?

ん~。

ますます、この子ゆたぼんクンの家族が気になりますね~~

 

 

 


と思いきや! やっぱりかぁ~い!

お父さんと親子講演を行うとのチラシを持ってお知らせしていますね。

なるほど、なるほど。

お父さんの背中を見て育っているという事なんですね。

やはり、令和の親子の象徴なのでしょうか?

昭和育ちのわたしには仰天するのも納得です。

ではでは、

もう少し、このお父さんについて掘り下げていきましょう。

ゆたぼんのお父さんって何をしているの?

中村幸也(なかむらゆきや)

大阪府茨木市に生まれる。中卒。元暴走族。

中学時代はかなりのやんちゃ坊主。盗んだバイクでグランドを走りまわり、タバコを吸いながら廊下を堂々と歩く。
中学卒業後、すぐに就職し働き始めるが、3ヶ月で辞める。
のちに20回以上転職を繰り返す。
暴走族の副総長となる。恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc
やんちゃ⇒「ワル」に
心が病におかされ“うつ”になるが地元を離れ、働きながら新たな自分を見出す。
地元を離れ、家族や友人すべてと連絡を絶ち、生まれて初めてただガムシャラに働き、独学で勉強して高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格する。
その後、自分の可能性を広げる為、会社を退職しパソコンのスキルを身につけ、営業の仕事を始める。

日本メンタルヘルス協会に行かれ心理カウンターになる。
現在は心理カウンセラー、あきらめる生き方の専門家、禁煙カウンセラー。
営業の仕事をしながら独学で心理学とカウンセリングを学び、のちに日本メンタルヘルス協会の衛藤信之先生と出会う。
2010年、本格的に心理学とカウンセリングを学び心理カウンセラーとなる。以後、人の心を癒すことを使命とする。「悩みの答えは必ずその人の心の中にある。誰だって幸せに生きていける」という言葉を信条に、カウンセリングを心がけている。

 

心理カウンセラーを生業にしておられる方のようです。

ゆたぼんクンのお母さんは、きよみんというハンドルネームで活動されています。

家族ぐるみでネットビジネスを活用する今どきのスタイルな生き方ですね。

 

 

ゆたぼんクンの仲睦まじいファミリーです。

お父さんが幼少の頃からの悪さを全て更生され前向きに生きておられる姿はとても興味あります。

ゆたぼんクンの生まれ持った環境で、このご両親によって10歳のYouTuberを生み出されたのですね。

納得出来ましたね。

 

まとめ

不登校YouTuber、ゆたぼんクンを紹介しました。

ゆたぼんクンは、自由に生きてみることを推奨していますが、中々それを実行するってのは難しい話ですよね。

ゆたぼんクンは幸い、そんなメッセージをYoutubeで配信して、講演会にまで出演し、自分の居場所を見つけることに成功しましたが、多くの一般の子供が学校へ行くことを止めてしまうと将来に大きく響いてしまいますし、教養が身につかないまま大人になってしまう可能性もあります。

そんなことから、中々一般の方からは共感を得られないことが多いゆたぼんクン。

今は、投稿動画への低評価が続いていますが、10年後、もしくは20年後、ゆたぼんクンが主張しているメッセージが多くの方に届き、ゆたぼんクンのような生き方をする人が増えるかもです。

今後のゆたぼんクンの精力的な活動に目が離せない。

昭和育ちのakkiiiyも刺激になり、もっともっとチャレンジできると信念と覚悟を抱いてゆたぼんクンのように兎に角、行動力!!で邁進しようときめました。

 

****************

いつも感謝しています。

 

akkiiiyより

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました