白蛇を祀ってる神社はどこ?金運や財運の最強なスポット一覧!

白蛇を祀ってる神社 神社仏閣

蛇は何度も脱皮を繰り返すことから縁起がいいと昔から言われてきました。

成長するたびに脱皮をしていくことから繁栄の象徴とされてきたのです。

 

その中でも白蛇は神様の使いという意味もあり国内の神社で祀られています。

 

昔から白蛇は七福神の弁財天の化身であるため財運にも繋がると言われ大切にされているのです。

弁財天は芸能の神様で有名ですが財運も司っていることは意外と知られていません。

 

通常、七福神で財運というとどうしても大黒天を思い浮かべる人が多いでしょう。

 

そんなわけで、今回は白蛇を祀っている神社を紹介しています。

 

白蛇を祀ってる神社 はどこ?


こちらでは日本で有名な白蛇神社をまとめています。

調べてみた感じたのは意外に少ないということです。

 

考えてみると、神社仏閣に行くのが好きな私も白蛇様が祀られている神社にはお参りした記憶がありません。

日本には無登録の神社を含めて約10万社以上の神社が存在しています。

しかし、その中で白蛇神社として認識されている場所は画像からも分かるように、ごくわずか。

 

そういう意味では稀少だと言えるかもしれません。

 

蛇窪神社で親しまれ白蛇大神を祀る

所在地:〒142-0043 東京都品川区二葉4丁目4-12

 

蛇窪神社は鎌倉時代に建てられたと言われています。

神社が建立されたのは、行き場のなくなった白蛇が夢枕に立ち、以前棲んでいた場所に戻りたいと告げたからだとか。

一説によれば、池の中央に白蛇の石祠を祀った夜、星空が一変して曇り雷鳴と豪風が起こったとされています。

 

岩国白蛇神社は金運アップ商売繁盛に参拝!


所在地:〒740-0017 山口県岩国市今津町6丁目4-2

 

岩国には300年以上前に白蛇が確認されています。

白蛇神社では長きにわたり白蛇が金運、商売繁盛、開運、交通安全のご利益があると言われているのです。

岩国では生きている白蛇を観覧することができます。

こちらでは白蛇が天然記念物として大切に飼育されているのです。

 

白蛇神社では神様としてではなく御祭神の使いとして捉えられています。

 

 

白蛇辨財天の御朱印は白蛇の絵に金運上昇

所在地:〒321-4522 栃木県真岡市久下田西2丁目63

 

社に2匹に白蛇が棲み異変があると姿を現したといわれている白蛇辨財天の御朱印は白蛇のスタンプつき

白蛇辨財天には巳の日にちなんだ限定品があるのをご存知ですか。

巳の日には白蛇がプリントされた御朱印帳を手に入れることができます。

しかもお守りもついてきますよ。

さらに己巳の日にはゴールドで書かれたの御朱印をいただけるのです。

白蛇辨財天には地下水が本殿から湧き出ています。

その御神水でお金を洗うと金運がアップするとか。

 

病気を癒していく効果もあるといわれており多くの人に信仰されています。

明治中期までは子女は出入り禁止でした。

 

うっそうとした古木と日が差さない社は、まさに蛇が好んで生息しそうな環境ですね。

八坂神社は白蛇が観覧可能!巳の日は何がある?

 

所在地:〒370-0426 群馬県太田市世良田町1497

 

群馬県八坂神社は1000年以上も信仰され続けている由緒ある神社です。

こちらの神社では生きている白蛇を拝観できます。

 

実際に白蛇が生息していると御利益があるという実感が湧いてくるから不思議です。

己巳限定の御朱印があり、蛇の金紙に書いていただけます。

 

そして巳の日限定で御朱印や白蛇弁財天御守、白蛇にちなんだ金運御守を購入した人に限り白蛇抜け殻御守が数量限定でもらえる特典もあります。

 

この白蛇抜け殻お守りですが、八坂神社にいる白蛇の抜け殻です。

ですから数量に限りがあるので限定にしています。

 

当日はかなり混み合いますから確実に手に入れたい方は早めの参拝をおすすめします。

 

 

老神温泉赤城神社の御神体は白蛇!大蛇祭りは圧巻

 

所在地:〒378-0322 群馬県沼田市利根町老神

 

老神温泉には昔から神戦伝説が存在します。

諸説ありますが、詳細は不明です。

 

赤城山には大蛇塚があり地元でも一部の人しか知らない聖域となっています。

日光二荒残山のムカデの神様と赤城の蛇神様が死闘を繰り広げたことから毎年5/7,8に大蛇祭りを開催しているのです。

蛇の神輿は赤城神社に普段は祀られており、大蛇祭りになると地元の人達に担がれています。

 

 

老神温泉では温泉が湧き出たことを神に感謝する意味で大蛇を祭るイベントです。

 

白蛇が身をくねらせるように進み、休憩するときは蛇がとぐろを巻くように休む姿は大蛇そのもの。

 

阿蘇白水龍神權現の白蛇の御朱印あり

所在地:〒869-1505 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字中松32390-1

 

阿蘇白水龍神權現には地元で発見された白蛇と金蛇が祀られています。

マスメディアでも何度か登場しており、金運、商売繁盛などで全国から参拝者訪れているのです。

 

こちらの御朱印は白蛇、お稲荷様、水龍などですが、期間限定(夏季)で特別な御朱印も存在します。

 

白蛇のレアな御朱印もありますから、公式サイトで事前チェックしておくといいでしょう。

 

 

阿蘇白水龍神權現では、水行の儀など実際に生きた白蛇が人のためにパワーを与える役割を果たしています。

そういう状況を知ると、神と人が共存しているような感覚に陥りますね。

 

こちらでも、現在、神社内で活躍している白蛇と金蛇を拝観することができます。

 

 

大神神社は福徳の白蛇を崇拝


〒633-0001 奈良県桜井市大字三輪1422

 

大神神社の境内にはご神木があり三輪主大神の化身である白蛇が棲むと言われています。

 

お供えには蛇の好物の卵がお供えされていますが、こちらでは蛇は巳さんと呼ばれており福をもたらしてくれると崇められているのです。

 

ちなみに古くから伝わる蛇にまつわる悲恋物語があります。

 

昔、倭迹迹日百襲姫(やまとととびももそひめ)という巫女がいました。

 

その巫女のもとへ毎夜現れる男性は顔こそはっきり確認できないものの、見目麗しいことが想像できる人物。

 

巫女は一目、その姿を白日のもとで見たいと懇願します。

 

その願いは聞き届けられますが、小箱を渡され「その中に私はいるが決して箱を開けてはならない」と忠告されるのです。

 

しかし、開けてしまいます。

 

そこには蛇が入っていました。

 

蛇は大神に姿を変え二度と戻ることはありませんでした。

 

そして、約束を破った巫女は自害するのです。

 

人の好奇心は愛をも超えてしまうことがあるという戒めでしょうか。

 

 

白蛇は金運や財運をもたらすのはなぜ?

初めに書いたように、蛇は何度も脱皮を繰り返すので縁起がいいと言われてきました。

 

成長するたびに皮を脱ぎ捨てていくことから、お金を無限に生み出すという見方をされるようになっていったのです。

 

蛇は巳とも書きますが、この字には明るい未来、希望、生命の誕生という意味があるのです。

ですから繁栄の象徴として尊重されてきました。

 

 

蛇皮のお財布は財運を高めたい人に根強い人気があります。

私も持っていたことがありました、確かにそのときはお金には困りませんでした。

ただし、それに気づいたのは数年経過してからです。

 

 

それ以来、いろいろなお財布を愛用していますが、あそこまで財運のあったタイプには出会えていません。

 

最近では、白蛇と言うと湘南乃風のショックアイさんのが待ち受け画像が話題のようですが

詳しく載せて有りますのでご覧ください。

 

 

白蛇を祀ってる神社は?まとめ

白蛇と七福神の弁財天に深い因果関係があったことは勉強になりました。

まさか弁財天の使いが白蛇だったとは。

本物の白蛇が棲んでいる神社もあり、長きに渡り多くの人々に愛され信仰されてきた歴史を感じました。

御朱印帳も白蛇にすると金運がアップしそうですね。

 

こんな先行き不透明のご時世には、ご自宅から近い白蛇神社に参拝して、金運をアップしてみるのもいいかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました